包茎で悩んでいるなら知っておきたい包茎手術の基本知識

包茎、これは男性にとってあまり聞こえが良いものではないのですが、聞こえが悪い理由の中には見た目の問題やパートナーとの性行為、そして衛生的な問題が挙げられますし、肉体的および精神的な負担やストレスに繋がることも少なくありません。
なお、そもそも包茎とはどのようなものであるのか、包茎手術は必ず必要なものであるのか、悩みを抱えている男性に知って貰いたい包茎手術の基本的な知識をご紹介することにしましょう。
これを読むことで、もしかすると包茎手術が要らなかった手術を受ける前の不安を解消できる可能性があるなど基礎を学ぶことはとても大切です。

包茎にはいくつか種類があります

包茎手術の基礎知識を得るためには、最初にどのような種類があるかを把握することが大切です。
包皮先端の締め付けの強さや癒着、これにより仮性包茎や真性包茎、カントン包茎の3つに分類されますが、それぞれに特徴があります。
仮性包茎は余剰包皮型包茎と呼ばれることもありますが、日本人男性の中でも最も多い状態、必ずしも包茎手術が必要になるとは限りません。
ただ、状態などに報じて包茎手術を受ける患者さんも多いのですが、包茎手術を受ける患者さんの大半が仮性包茎といわれています。

真性包茎の場合は、性行為での問題や受胎能力上での問題を持つものがあり、状況に応じて包茎手術の必要性が高くなります。
カントン包茎の場合は、状況に応じて緊急を要する包茎手術が必要になる、このような基本的なものを把握することが大切です。
なお、カントン包茎は他の2つとは異なり、亀頭の鬱血で壊死の可能性もあるので要注意です。
包皮を無理やりむいて亀頭を露出させたことで、強い締め付けにより元の状態に戻らなくなる、亀頭の下側部分で締め付けられ鬼頭の鬱血により包皮部分が膨れてしまう状態です。
主に仮性包茎からこのような状態になりやすいため、無理に包皮を無ことは基本的に行わないことが重要です。

仮性包茎で手術が必要なケースとは?

仮性包茎は、余剰包茎型包茎とも呼ばれる症状で通常亀頭部分は皮で覆われているけれども、勃起すると包皮が下方向にずれて亀頭部分が露出します。
余剰の名が付いていることからも推測できるかと思われますが、勃起すると亀頭部分が露出するので皮そのものが余っている状態です。
包茎ではない男性の場合は、皮そのものが適切な量になっているため亀頭は常に露出した状態になる、下着とこすれても痛みを感じることはありませんし外部からの刺激にも強い状態です。
しかし、仮性包茎は正常時に露出していないので下着でこすれることがない、外部からの刺激にあまり強いものではないため早漏になりがちです。

仮性包茎の状態であれば性行為は可能、これは勃起することで自然と亀頭が露出するからですが、普段隠れている部分が勃起で現れる、これは刺激に対して弱く早漏になりがち、さらに覚えておかなければならないことは亀頭粘膜も弱いといった点です。
これは基礎知識で覚えておく必要があるのですが包茎ではない男性と比べると亀頭粘膜が弱く、性病や性感染症のリスクが高くなる統計の中では2~3倍といわれています。
さらに、亀頭が皮で隠れているので不潔な状態になりやすいですし、様々な病菌を繁殖させる要因になることからも、包茎手術を受ける人は多いといいます。

真性包茎は早期の包茎手術が推奨

真性包茎は、仮性包茎とは違って勃起状態でも皮で覆われた状態です。
そのため、皮の中に隠れている亀頭を目にすることもできないわけですが、包皮口と呼ぶ亀頭部分の山の頂点になるところが異常なほど狭いケースと亀頭と包皮が癒着している、いずれかの状態です。
真性包茎は、そのまま放置してしまうと亀頭包皮炎の慢性化になり、色々な泌尿器疾患の原因になりやすいですし亀頭と包皮の癒着が起きることもあるなど包茎手術が推奨されている理由がわかるのではないでしょうか。

性行為もできない真性包茎ですが、一口に真性包茎といってもいくつかの分類があります。
例えば、強度絞約型は包皮口が非常に狭くて亀頭を露出できない極度の締め付けに起因するもの、ピンホール型はこの強度絞約型よりもさらに包皮口が狭いもので、尿をかろうじて排泄できる程度の大きさしか開いてないケースもあるようです。
真性包茎で包茎手術が推奨されている理由の中には、亀頭包皮炎や尿路感染症、性感染症など様々な弊害があるから、どのような弊害があるのか基本的なことを学ぶなども大切ではありますが、基本的に真性包茎は性行為が難しい状態ですし、癒着は年齢が進むとより強個なものになる、このような基本的な知識も必要です。

まとめ

包茎手術の基本というよりも、包茎そのもの基本のような形でご紹介しましたが、3つの包茎の中でも真性包茎の包茎手術の必要性が高いことの裏には、様々な疾患のリスクを回避させる重要な目的があることがわかったのではないでしょうか。
なぜ包茎手術をしなければならないのか、多くの場合が見た目や性行為で不利になる、このように考えがちです。
もちろん、包茎は見た目的にも良くないですし性行為の中でも不利になりやすいものです。
そのまま放置すると癒着はより強固なものになる、様々な感染症や泌尿器の疾患に繋がるなど、これらを予防できるのも包茎手術のメリットといえましょう。